FC2ブログ

けいだクリニック 院長だより

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

経鼻的胃内視鏡について

経鼻的胃内視鏡を導入しました!


1.経鼻胃内視鏡のご紹介

 鼻から挿入胃内視鏡をご存じですか。一般的に行われている口から入れる内視鏡は、のどの奥の舌の付け根にカメラが触れるため、吐き気を催す事が多く、患者さんはつらく感じます。
 これに対して鼻から胃内視鏡を挿入すると、カメラが舌の付け根に全く触れずに入っていくため吐き気がありません。また、カメラが口の中を通らないため、患者さんは呼吸がしやすく、話をすることができます。吐き気がないので、鎮痛剤を使う必要もありません。
 鼻の中はカメラを通しても痛みがないように、検査の前にスプレーなどで処置をします。またカメラ自体も従来の口からのカメラの約半分の直径と細くなっています。


2.胃内視鏡の必要性

 胃の病気は人により症状は様々です。また同じ病気で同じ症状が出るとは限りません。痛みが強いほど重い病気とも限りません。従って、ひとくちに“胃が悪い”、といっても病気はいろいろですので、胃内視鏡で病気とその程度を検査して、それぞれの治療法を選択する必要があります。胃のもたれ、胃のいたみ、はきけ、むねやけ、胃が下がらないような感じ、圧迫感(おさえつけられるような)などの症状の方は是非、胃内視鏡をお受けください。


3.胃癌検診の必要性

 40歳以上の方は、一年に一度、胃内視鏡での胃癌検診をお勧めいたします。胃内視鏡は早期の小さな癌やポリープを発見するのに適しており、また直接組織や細胞の一部を採取して検査できます。以前は、胃透視(バリウム検査)を行ってから胃内視鏡の精密検査をする病院が多かったのですが、今では、胃内視鏡が発達したこともあり、胃内視鏡で癌検診を行うほうが合理的だと思います。また、現在では、早期の胃癌が胃内視鏡による切除方や腹腔鏡による手術で治るようになりました。つまり胃癌は早く発見できればできるほど小さな処置で治るようになっています。したがって、特別に胃の症状やおなかの症状がない人でも、1年に1回胃内視鏡を受けて、なるべく早い時期に腫瘍や癌を発見する意義が大きいわけです。


4.経鼻胃内視鏡の利点

 従来の口から挿入する胃内視鏡よりも楽で苦痛の少ない検査です。鼻から入れるので痛むようなイメージを持たれる方もいらっしゃると思いますが、検査の前に、鼻をスプレー等で痛みがないように処置をしますので心配はありません。また、痛みやはきけや苦しさがありませんので鎮痛剤の必要が無く、検査が終了すればすぐにでも車の運転や仕事の開始が可能です。また、検査中に医師との会話ができ、胃の中を移したモニター画面を見ることができます。
 胃カメラを受けたいが、きつそうに見えるので迷っておられる方、ほとんど苦しくありませんので経鼻胃内視鏡を受けてみられませんか。また、以前胃カメラを受けたとき、たいそう痛かったり苦しかったりしたために受診をためらっておられる方も安心して、当クリニックにおいで下さい。


5.アンケート

 ある病院でのアンケート調査の結果では、経鼻と経口の両方の胃内視鏡受けたことのある人に質問したところ、90%以上の人が今後も経鼻の胃内視鏡を希望したそうです。


6.料金

 健康保険が利きますので、従来の胃内視鏡と同じです。
(注射が無い分だけ僅かに安い)


7.質問

 検査法や受診のしかたで分からない点がございましたら、ご遠慮無く、下記にお電話お問い合わせくださいませ。


-------
当クリニックでは、従来の胃カメラ(経口胃内視鏡)と鼻から入れる経鼻内視鏡の両方を行っています。経口・経鼻ともそれぞれ利点と欠点があるため、実際の患者さんの検査にあたりどちらの胃カメラを用いるのかの選択はその都度行います。
しかし、患者さん方の希望も重視したいと考えています。検査を開始する前にご希望があれば当方へお伝えください。



TEL;0979(24)5222 けいだクリニック


注;従来の口からの胃内視鏡も今までどおり、つらくない検査方法で行っております。鼻の病気がある方は従来どおりに口から内視鏡を挿入させていただくこともあります。
スポンサーサイト

Home

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。