FC2ブログ

けいだクリニック 院長だより

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熱中症について

熱中症は高温、高湿度、無風の3つの要素が重なった条件下でおこりゃすく、運動や労働での熱の産生増加も要因となります。
これらの条件の下におかれると、体温の上昇を防ぐため、まず汗の量が増加します。この時点で水分が捕給されれば良いが補給が不十分のままであれば次第に脱水となり、体温が下げられなくなり、体温が上昇します。かつ循環失調となります。そして、各臓器が障害され重陽となり、生命の危険が出現します。

重傷度について

I度 : めまい、大量の発汗、立ちくらみ、筋肉痛、筋肉硬直をきたす。体温は正常のことが多い。
水分と塩分の補給をし、太陽のあたらない涼しい場所で横になり、身体を冷やす、などの対策を直ちにとり、次の段階へ進まないようにすることが大切です。

II度 : 脱水と末梢血管拡張、心拍出量抵下による循環不全。頭痛、はきげ、めまい、虚脱感、集中力や判断力の低下、ぼうっとしている状態となります。入院が必要なこともあり、体温管理、安静、水分やナトリウムなど電解質の補給が必須で、飲めなければ点滴をしなければなりません。

III度 : 体温が高温の状況が続けば、体組織が障害され、多臓器不全となります。脳神経症状、意識消失やせん妄状態、けいれんなどが出現しD I C症候群となります。重陽で入院し集中治療が必要となります。

予防について

以上述べた重症度は順を追ってゆっくり来るとはかぎりません。いきなりII度くらいの症状が出現し、瞬く間にIII度になってっしまった、との事もよくあるようです。したがって、予院が最も大事です。

1)必ず、食事は1日3回摂る。朝食は絶対にぬかない。間食も適度に行う。早朝の仕事作業は事前に水分を必ず。
2)室内は扇風機はもちろん、クーラーもおしまず使用すること。室温は28度以下に。
3)外での作業はなるべく早朝か夕方に。午前11時から午後4時の、最も気温が上昇する時間帯はなるべく避けること。
4)外出の際は帽子か日傘を用い、なるべく日陰を通ること。
5)いわゆる"もわっと"する場所にとどまらないこと。少しでも涼しい場所に移動すること。

などです。

繰り返しますが、熱中症は生命にかかわります、予院が大切です。
また、熱中症の症状は人によっては意識障害が早く出現し、本人が回避行動をとれなくなることもあります。お互いの周囲の人をお互いで十分注意し合って下さい。
スポンサーサイト

Home

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。