FC2ブログ

けいだクリニック 院長だより

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘリコバクター = ピロリ菌 除菌について

ヘリコバクター = ピロリ菌(以下ピロリ菌)の検査と委縮性胃炎の検査を受けましょう!

ピロリ菌に感染すると、数年から20数年かけて委縮性胃炎になります。委縮性胃炎が胃癌の発生母地であることが判明してきました。

したがって

1.ピロリ菌に感染した人はまず除菌(殺菌の事)することをお勧めします。委縮性胃炎にまだなっていない人は胃癌の予防になります。
2.委縮性胃炎になっている人は、ピロリ菌に感染している人はまず除菌した上で毎年胃癌の検診を胃カメラで受けてください。
3.委縮性胃炎の人ですでにピロリ菌が消えている人は胃癌の早期発見のため、1年に1回胃カメラを受けてください。

名称未設定-4


胃癌を初期の小さい段階で発見するためには、検診を胃カメラですべきと考えます。当クリニックでは、口からの従来のタイプの胃カメラと鼻からの胃カメラも行っています。鼻からの胃カメラは、鼻茸の人や鼻血が良く出る人は受けられない事もあります。

詳しくは当クリニックにお問い合わせください。

TEL 0979-24-5222
スポンサーサイト

Home

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。